■CALENDAR■
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月 2019年10月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:
■ADMIN■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 吉本隆明の死去に寄せて - 反「反核」ということ
  • 2010 年の釣り - 2010~11 シーズン開幕! 肝和えの素(カワハギ)
  • 震災後の復興を考える
  • 夏本番ですが ・・・ 水の事故を防ぐために
  • 2011 年の釣り - 遅ればせながらシーズン開幕 東京湾のマゴチ
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
 

内閣改造
 防衛大臣に「初の民間から」、国策研究の第一人者を据える!?

 リベラル政党がねじれ国会を乗り切るために相手方のコンサバ政党に色目を使った結果、相手方以上にコンサバな組閣するとはね。 転向左翼が右翼以上に反動的に振舞ったり、女だてらに横審に取り立ててもらった内館牧子が男性委員以上に封建的な言動をとったりしたのと同じ。 まるでカポーだ。
 そんなことまでして政権を維持するくらいなら、相手方の言うとおり、解散総選挙で国民に信を問うべき。 コンサバ政策だったら、コンサバ政党のほうがずっと上手くヤルだろうから・・・

 この政党には、本当に愛想を尽かしそう。

| http://blog.wakita.cc/index.php?e=78 |
| 社会・政治・経済::政治・選挙 | 10:11 PM | comments (0) | trackback (0) |
吉本隆明の死去に寄せて - 反「反核」ということ
 もう2週間前の話になりますが、朝の NHK ニュースで、「ヨシモト タカアキさんが死去しました」のアナウンス。 はて、その死去が NHK で報道されるほどに著名な「ヨシモト タカアキ」氏とは誰だったっけ?と一瞬首を傾げ、次の瞬間「あぁ、吉本リュウメイのことか」と判りました。 わきた等は学生時代、氏の名前をタカアキではなくリュウメイと読んでいましたから。
 わきたは、氏を代表する著作「共同幻想論」を紐解いたことがなく、またそれに準ずる著作である「世界認識の方法」は読了したものの、その内容は良く憶えていません。 しかしわきたの記憶に氏の名前を強烈に焼き付けたのは、氏の著作や、ましてや次女の「ばなな」ではありません。 1980年代の初めに、作家の大江健三郎等との間で繰り広げられた「反核 vs 反『反核』論争」です。

続き▽
| http://blog.wakita.cc/index.php?e=75 |
| 社会・政治・経済 | 01:52 PM | comments (0) | trackback (1) |
震災後の復興を考える
 被災地での惨状はまだまだ伝えられ、東京電力福島第1原子力発電所の炉心融解&放射性物質漏洩事故は、極めて憂慮すべき状態を継続中ではありますが、震災後の復興、とりわけ経済面での復興について考えるところを書いてみます。

続き▽
| http://blog.wakita.cc/index.php?e=43 |
| 社会・政治・経済 | 08:29 AM | comments (0) | trackback (1) |
第22回参議院議員通常選挙 投開票終わる (1)
 民主党敗北。

 1人区では、8 対 21 で惨敗。
 議席独占を狙ってすべての選挙区で2人候補を立てた2人区でも思惑どおり独占できた選挙区はなく、全選挙区で自民党と議席を分け合う。

 でも、わきたが応援し票を投じた候補者は、選挙区候補・比例区候補ともどうにか当選。 いわゆる「死に票」にならずに済みました。

続き▽
| http://blog.wakita.cc/index.php?e=17 |
| 社会・政治・経済::政治・選挙 | 11:12 AM | comments (0) | trackback (0) |
政権交代がなぜ必要か?
 2009年は、安倍・福田・麻生と3代続けて国民の信を得ていない内閣が相変わらず政権に居座り続けるなかで、明けました。 しかし、遅くとも任期切れとなる本年9月までには衆議院議員第45回総選挙は実施されるわけですし、7月には東京都議会議員選挙も施行されます。 その意味で、私たち働く者にとっても大きな意味を持つ年の幕開けだと言えます。

続き▽
| http://blog.wakita.cc/index.php?e=5 |
| 社会・政治・経済::政治・選挙 | 03:25 PM | comments (0) | trackback (0) |
ファンドの参入に思うこと
 労働者が「ファンドの参入は労働者の処遇切り下げを招く恐れがある」ことを理由に当該「ファンド参入」への反意を表明するとき、これに対してファンド側は「資本の論理」を掲げて自ファンドの参入の正当性を主張するということが、散見されます。
 このことについて思うことを書いてみます。

続き▽
| http://blog.wakita.cc/index.php?e=3 |
| 社会・政治・経済::労働運動・労働組合 | 02:15 PM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑