■CALENDAR■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月 2021年03月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:
■ADMIN■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 吉本隆明の死去に寄せて - 反「反核」ということ
  • 2010 年の釣り - 2010~11 シーズン開幕! 肝和えの素(カワハギ)
  • 震災後の復興を考える
  • 夏本番ですが ・・・ 水の事故を防ぐために
  • 2011 年の釣り - 遅ればせながらシーズン開幕 東京湾のマゴチ
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

民主党代表選挙と「CPRM 解除」の関係?
 わきたは仕事柄、民主党の党員籍を持っています。
 今般の民主党代表選挙は、わきたが投票権を持つ初めての代表選挙であり、それがいきなり内閣総理大臣をも決定する選挙となってしまいました。 かつて、労働組合が万年野党の日本社会党を支持していた頃には考えられなかったことであり、感慨しきり。

 一般党員・サポーターの投票は「専用投票はがきにて郵送、宛先局に9月11日必着のこと」となっており、間に合わせるためには今日が実質的な投函期限となります。
 わきたは、今朝の時点では小沢一郎氏にするか菅直人氏にするか決めかねており、先日(9月5日)に放送された NHK「日曜討論」での、両者サシの対決を見てから自らの投票行動を決定しようと考えていました。
 当日は出張で家を空けており、番組は自宅の HDD/DVD レコーダで録画しましたが、その後も時間が取れずまだ見ていません。 これをレコーダ内部にて DVD にダビングし、それを事務所に持参して、仕事の合間に見ようという訳です。

 しかしこの番組、公共放送である NHK が私たち視聴者の受信料で作成し、しかもその内容は、公党の代表選候補者の主張に関する報道であるにも拘わらず、許し難いことに著作権なんかを主張してるんです。 そう、いわゆる CPRM タイトルなんですわ。 このままでは、事務所のPCで再生できません。
 で、内容は事実の伝達に過ぎないし、仮に著作権が成立するとしても個人利用目的だし、おまけに著作財産権だって制作費拠出者(=受信料納入者)に帰属する、という論理だって成り立ちますので、とっとと CPRM 解除することにしました。

 以下、その作業の覚書き ・・・

※ 以下で使用する cprmgetkey.exe と cprm2free.exe は、ネット上に散見される解説ではワーキングディレクトリに置いて使用することとされているが、path さえ通っていれば、カレントワーキングディレクトリになくても良い。 処理対象ファイルとそれを扱うプログラムとが同じディレクトリにあるとヤヤコシイこと(誤削除とか)になるので、この2つは別ディレクトリに置いて、そのディレクトリに path を通して利用した。 以下、それを前提として ・・・

1.録画したタイトルの、DVD メディアへのダビング
 HDD に録画したタイトルを、そのレコーダーなりの手順で DVD メディアにダビングする。 CPRM タイトルの場合、ダビング先は CPRM 対応 DVD メディアでなくてはならず、またダビングするフォーマットも VR フォーマットに限定される。
 ランニングコストを考えると、ライト ⇒ イレース の繰り返し許容回数が大きい DVD-RAM が有利なので、これを利用。

<以下、Windows のコマンドプロンプトにて>

2.CPRM メディア/タイトルから、暗号化キーを抽出
 1.でダビングした DVD メディアを PC のドライブに挿入し、cprmgetkey.exe を実行する。 PC の DVD ドライブのドライブレターが d: であるとして、
cprmgetkey d:
 解析が終わると、いくつかのキーが数行にわたって表示されるが、のちの処理で必要となるのは、最下行に表示される BASE64 エンコードされた ContentsKey のみ。

3.ContentsKey を使用して、目的のタイトルを CPRM 解除
 2.の DVD メディア上にある、d:\DVD_RTAV\VR_MOVIE.VRO ならびに d:\DVD_RTAV\VR_MANGR.IFO の2ファイルをワーキングディレクトリにコピーし、このディレクトリをカレントワーキングディレクトリとして cprm2free.exe を実行する。 その際に、2.で得られた ContentsKey を引数として与える。
cprm2free <ContentsKey>
 キャラクタベースでプログレスが表示される。

4.生成されたファイルのリネーム
 3.が完了すると、同じワーキングディレクトリ上に、free_VR_MOVIE.VRO ならびに free_VR_MANGR.IFO が生成される。 このうちの free_VR_MOVIE.VRO のファイル名を free_VR_MOVIE.mpg にリネーム(拡張子のみの変更)すると、通常のマルチメディアアプリで再生できる mpeg ムービーファイルとなる。

 ここまでの作業にて、HDD/DVD レコーダで録画した CPRM タイトルをPCで再生することが可能となります。 これをさらに DVD オーサリングソフトで DVD に焼けば、一般の DVD プレーヤで再生可能なコピーフリーの DVD メディアとなりますが、それはまた別のお話。

 それで、わきたはどちらに投票したのか? もちろんそれは秘密です。
| http://blog.wakita.cc/index.php?e=24 |
| PC 全般 | 06:03 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://blog.wakita.cc/tb.php/24
PAGE TOP ↑