■CALENDAR■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前月 2022年07月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:
■ADMIN■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 吉本隆明の死去に寄せて - 反「反核」ということ
  • 2010 年の釣り - 2010~11 シーズン開幕! 肝和えの素(カワハギ)
  • 震災後の復興を考える
  • 夏本番ですが ・・・ 水の事故を防ぐために
  • 2011 年の釣り - 遅ればせながらシーズン開幕 東京湾のマゴチ
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

アナログテレビ放送、終わる
 昨日(7月24日(日))正午、地上波・衛星波双方でアナログテレビジョン放送が終了しました。
 たかだかテレビジョン信号伝達方式がアナログからデジタルへと変更されるだけなのに、昨日正午の「その時」を挟む時間帯の、NHK のアナログ放送終了特番には呆れましたね。
 これまで、アナログテレビ放送が果たした役割を延々と手前味噌に垂れ流し、「正午からはデジタル放送しか見られなくなりますよ~、切り替えは済んでますか~?」と断末魔の叫びをエンドレス・リフレイン。
 ケッサクなのは、正午を過ぎてアナログ放送が終了した後のこと。 「ご近所で、まだアナログ放送終了に気付いてない人には、声を掛けて『デジサポ』のことを教えてあげて下さいね」だと。 気付いてないってことは、テレビ見てないってことなんだから、アナログ放送が終了しても別に困らない、ってことなんだよ。 そんな未(非)視聴者にまで声掛けさせて、地デジ視聴者を増やそうっていう魂胆。

 「テレビがメディアの中心」なんてのは、もう過去のお話。 それを知っての危機感からか、知らずの思い上がりか、この「アナログ終了 ⇒ デジタルへ切り替えなきゃ大変だぁ」プロパガンダには、目を覆いたくなります。
 民放社員は「ギョーカイ人」のカンバンをチラつかせて、週末の六本木で女の子をつまみ食い放題。 あの公共放送だって例外じゃない。 ちょと前まで、公園通りからちょっと脇に入った某シティホテルが同伴でご宿泊の公共放送局職員さま御用達、って噂は有名。 そんな時代の夢をまだ追っているのでしょうか、テレビのなかの人たちは。

| http://blog.wakita.cc/index.php?e=54 |
| 日々の出来事 | 06:02 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://blog.wakita.cc/tb.php/54
PAGE TOP ↑