■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前月 2021年09月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:
■ADMIN■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 吉本隆明の死去に寄せて - 反「反核」ということ
  • 2010 年の釣り - 2010~11 シーズン開幕! 肝和えの素(カワハギ)
  • 震災後の復興を考える
  • 夏本番ですが ・・・ 水の事故を防ぐために
  • 2011 年の釣り - 遅ればせながらシーズン開幕 東京湾のマゴチ
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

ショック・・・連釣記録 途絶える - 東京湾のマゴチ
 このような記事を書かなくてはならいないこと、いつかは来ることとは言え、断腸の思いであります。 あまりのショックで、この件に関するブログ更新も1週間近く手を付けられませんでした。
 2004年7月以来23を数えてきたマゴチ連釣記録が、今シーズン初釣行でストップ。 しかも、周りはそこそこ上げているなか(同行者も3本!)での、まさかの No Fish ... orz

 根岸の船着場から大貫方面に向かう船上で写真を撮りFBにアップしたところ、脇田の組織が日頃から懇意にさせてもらっている某労組の意地の悪い委員長からコメントが ・・・ 「ただのクルージングにならないように」などと縁起でもないことを書くもんだから、そのとおりになってしまった。

 当日は潮がほとんど利いておらず、1.5mハリスを底から1m上げでは、エサのサイマキが底ベタになってしまう ・・・ 状況を見極められなかったのが敗因か?
 船長曰く「こういう日は、1mハリスを底から1m上げ、あるいはススキ針のヒューズを軽くするか思い切って無しにする」ことで、エサが底ベタになるのを回避するんだとか。 まぁ、手痛い失敗の数だけ、引き出しは増える と思うことにしましょう。

 次回、絶対にリベンジします。

  釣果
  < 日付(曜) 釣物 (船宿) 数 (最大サイズ) コメント >
5/1(月) マゴチ (横浜・根岸「鴨下丸」) 痛恨の No Fish! 1から出直しじゃぁ


| http://blog.wakita.cc/index.php?e=77 |
| 釣り::2012年 | 07:24 PM | comments (0) | trackback (0) |
近況報告 数点・・・
 ブログの肥やしに、いくつか近況をご報告

  • 「丸山真男『日本の思想』(岩波書店 岩波新書)」、5度目の読了。
     高校時代、将来が見通せない悩みを抱えていた頃に、当時の恩師に渡された1冊の書。
     高校生のわきたには難解すぎて、最初の読了はそれから何年も経ってからのことでした。 それでもどこか引っ掛かるところがあってその後もバッグにはいつも忍ばせておき、思い出したように取り出しては読み直すことを、これまで繰り返してきました。
     わきたに伝えたかった恩師の思いを初めて読み取れたと感じたのは、拝受してから30年を過ぎた2年前、4回目の読み直しでのこと。 少し涙が出たな・・・
     この4度目の読了後、恩師に戴いたオリジナルのものはもう表紙も角もボロボロ、ページは抜け落ちるような状態だったので、新しいものを購入しました。 驚くべきことに、1961年に出版されたこの著作、現在に至ってもさらに版が重ねられていたのです(2011年5月16日 第93刷)。 さすがに名著!
     この新調した「日本の思想」での、最初の読了ということになります。 まだまだこの先、何度も読み返すことになるでしょう。 何度読んでも深い示唆に富む、まさに「名著」です。

  • 「吉本隆明『共同幻想論』(角川書店 角川文庫)」を購入。
     前の記事で、本著を紐解いたことがない、と書きましたが、著者の死去をきっかけに改めて読んでみようと思った次第。 有名歌手が死ねばソイツの歌をカラオケで歌い、名俳優が死ねばソイツの主演作のDVDを借りてくる、そんなよくありがちなパターン・・・
     勤務先近くの丸善に行き、店内の書籍在庫検索端末で探すと「在庫あり」と出るのに、示された書架をどんなに探しても見つからない。 店員に尋ねると、吉本隆明フェア特設書架が設置されておりそちらに移した、とのこと。 著名人が死ぬとこういうことになるのは、売る側においても同じか。
     でも、吉本隆明の死去で特設書架設けるなんて、丸善はスゴイ。 前述の「日本の思想」も、この書店では平積みにして売られているのです。 丸山真男が平積みだよ! チャラけた本屋が多いなかで、伝統のこの店は、やはり文化の王道を行ってます。 大切にしたい本屋です。
     さて、購入した本著を開いてみると・・・字が小さいっ。 老眼鏡の度を上げないとキツイ。 やはり、吉本隆明は若い頃に読んでおくべき本のようです。

  • ダイエット、継続中。
     7-11 のサンドイッチが思いのほか高い(ハムたまごサンド:¥250)ので、今日からは自分で作ることにしました。
     毎度お馴染み COSTCO で購入したクロワッサンとコンビーフ。 コンビーフをほぐしてマヨネーズと混ぜてペースト状に。 それを切れ目を入れたクロワッサンに詰めるだけ。
     ダイエットの効果? こないだ、仕事上の後輩に「どうだ、痩せたろ?」と威圧的に尋ねたところ、微妙な表情で「そ、そうですね。 心なしかあごが細くなったような・・・」という極めて明快な回答が得られましたので、充分に効果あったものと考えています。


| http://blog.wakita.cc/index.php?e=76 |
| 日々の出来事 | 11:03 AM | comments (6) | trackback (0) |
吉本隆明の死去に寄せて - 反「反核」ということ
 もう2週間前の話になりますが、朝の NHK ニュースで、「ヨシモト タカアキさんが死去しました」のアナウンス。 はて、その死去が NHK で報道されるほどに著名な「ヨシモト タカアキ」氏とは誰だったっけ?と一瞬首を傾げ、次の瞬間「あぁ、吉本リュウメイのことか」と判りました。 わきた等は学生時代、氏の名前をタカアキではなくリュウメイと読んでいましたから。
 わきたは、氏を代表する著作「共同幻想論」を紐解いたことがなく、またそれに準ずる著作である「世界認識の方法」は読了したものの、その内容は良く憶えていません。 しかしわきたの記憶に氏の名前を強烈に焼き付けたのは、氏の著作や、ましてや次女の「ばなな」ではありません。 1980年代の初めに、作家の大江健三郎等との間で繰り広げられた「反核 vs 反『反核』論争」です。

続き▽
| http://blog.wakita.cc/index.php?e=75 |
| 社会・政治・経済 | 01:52 PM | comments (0) | trackback (1) |
久々のカキコ - わきた、ダイエット中
 昨年の10月あたりから春闘がひと段落した今月まで、ほぼ半年にわたって超多忙にて、ブログ更新もままなりませんでした。 釣りにもほとんど行けていません。
 それでも、他人のブログを覗くことは怠らずにいたところ、旧友のブログにこんな記述が・・・「クリエイティブな仕事であればあるほど、『わかっちゃいるけど、筆が進まない』人たち」なんだと。 ブログ更新をサボっている後ろめたさが、少し救われた気がしました。

 ま、軽い話題ならそこそこ更新もできるかな、ということで、わきたのダイエットの話。

続き▽
| http://blog.wakita.cc/index.php?e=74 |
| 日々の出来事 | 01:48 PM | comments (2) | trackback (0) |
COSTCO多摩境店、営業再開するも・・・
 昨年の東北地方太平洋沖地震により駐車場スロープが崩落して死傷者を出して以来営業を停止していた COSTCO ホールセール 多摩境倉庫店が、ほぼ1年ぶりとなる今日、リニューアルオープンしました。 再開初日の本日だけは朝 8:00 オープン、明日以降は通常の営業時間(10:00 ~ 20:00)となります。
 リニューアルオープン特典(たまご20個&クーラーバッグ)目当てに、わきたも会社始業前に車で出かけてみましたが ・・・

続き▽
| http://blog.wakita.cc/index.php?e=73 |
| 日々の出来事 | 09:26 AM | comments (0) | trackback (0) |
釣り初めなれど ・・・
 正月4日に、旧友2人と 2012 年釣り初めのカワハギ釣行へ出かけました。 宿は湘南・茅ヶ崎:沖右ヱ門丸さん。 ところが ・・・
 実釣開始後早々に1枚ゲット。 その後友人が 27cm 程度の良型を釣り上げ、負けじと気合が入ったのに ・・・ 10時過ぎに、強風と高波にて早上がり。 実釣時間は、わずかに3時間。

 自然相手の遊びだから、仕方のないことだけど ・・・ トホホな、2012 年初釣行でした。

  釣果
  < 日付(曜) 釣物 (船宿) 数 (最大サイズ) コメント >
1/4(水) カワハギ (湘南・茅ヶ崎「沖右ヱ門丸」) 1枚 (16cm) 強風・高波にて早上がり


| http://blog.wakita.cc/index.php?e=72 |
| 釣り::2012年 | 06:18 PM | comments (3) | trackback (0) |
2011 年 終わる
 わきたの 51 年間の人生で、最悪の年と言って過言でない 2011 年が、あと数時間で終わります。
 2月の半ばに、わきたの6つ年下の執行委員が、春闘要求決定の執行委員会終了後の帰宅途中に、解離性大動脈瘤破裂で急逝。
 その3週間後、1000 年に一度と言われる日本地震観測史上最大のマグニチュード 9.0 を記録した東北地方太平洋沖地震とそれによる東日本大震災が発生。
 4~5月にかけて、世間からは1月半遅れの春闘。 決算数値が固まってからでないと労働組合との交渉ができないとする会社の意向を汲んで時期を遅らせたものの、交渉は不調。 わきたの労組としては 19 年ぶりとなる全面ストライキ突入。
 いっぽうでは、3月頃から重篤な五十肩に。 ピーク時は、左肩の痛みで夜も寝られないほど(現在は快方に向かっています)。 さらに、年末 12 月中ごろには持病の腰痛が悪化し、2日半欠勤するハメに(こちらも現在は快方へ)。

 上の娘が、第1志望の大学/学部・学科に合格したことと、わきたもその成立に関わった地元多摩市の公契約条例が可決されたことが、数少ない救いとなりました。

 来年こそは良い年にします。 絶対に良い年に。
 1年間ありがとうございました。 来年もまた宜しくお願いします。

| http://blog.wakita.cc/index.php?e=70 |
| 日々の出来事 | 03:38 PM | comments (2) | trackback (0) |
2011 年の釣り - 総集編
 アップ日付・時刻が前後しますが、年末恒例、今年1年の釣果です。
 ヘタは相変わらずだけど、マゴチの連続「型を見る」記録がなお途切れていないのは、ボーズがあって当たり前のこの釣りでは見事(自画自賛)。
 昨年、「月イチ平均は行きたい」と書いた年間釣行回数は、今年は大震災も含め色々あって、大きく落ち込みました。
釣行日釣り物船宿釣果(最大サイズ)備考
 1/ 9()カワハギ剱崎・松輪「成銀丸」4枚(未計測)カワハギ釣り大会
 2/20()カワハギ剱崎・松輪「成銀丸」9枚(26cm)他にも20cm超7枚
 7/17()マゴチ横浜・鶴見「新明丸」3本(42cm)竿頭!
 8/ 8(月)マゴチ横浜・根岸「鴨下丸」2本(40cm)
 9/23(金・)マゴチ
イシモチ
横浜・鶴見「新明丸」1本(約40cm)
20尾超(未計測)
リレー船
10/10(月・)カワハギ鎌倉・腰越「多希志丸」11枚(27cm)他に 23cm、20cm


| http://blog.wakita.cc/index.php?e=71 |
| 釣り::2011年 | 11:10 AM | comments (0) | trackback (0) |
真夜中のペペロンチーノ
 って、なんだか竹内まりやの曲のタイトルみたいだな。

 夜、自宅でひとり晩酌をしていて(配偶者と下の娘は先に就寝、上の娘はPCで facebook)そろそろ日付も変わろうかという頃、ふと小腹が空いてきました。
 こんなとき、普段ならお茶漬けかカップ麺といったもので満たすところですが、この日はなんとなくパスタを食したくなった。 トマトソースやカルボナーラのようなヘヴィなのではなく、アッサリしたヤツ。

 冷蔵庫とも相談した結果、簡単にできるペペロンチーノを作ってみました。 使う食材は、パスタのほかにベーコン、オリーブオイル、鷹の爪、塩・胡椒 と、いたってシンプル。

続き▽
| http://blog.wakita.cc/index.php?e=68 |
| 日々の出来事 | 12:22 AM | comments (0) | trackback (0) |
多摩市公契約条例 市議会で可決
 わきたが審査委員会の委員として成立過程に関わった、東京都下で初となる東京・多摩市の公契約条例制定が、昨日(12/21)多摩市議会12月定例会の本会議で全会一致で可決されました。 来年4月より施行されることになります。

 競合他社(者)との市場競争ファクタを価格のなかにのみ見出し、その競争力を高めるためのコスト削減の源泉を労働者の賃金だけに求めるようなことが、バブル崩壊後のここ20年、民間企業で蔓延しています。
 地方自治体が公共工事・サービスを外部に委託する現場でも、公契約を受注するために従業員の賃金を極限まで切り詰めて入札金額を下げるというようなことが、一部業者の間で横行しています。 このような事態を看過・容認することは労働者処遇の不当な切り下げ(=官製ワーキングプア)を招くのみならず、公共工事やサービスの品質低下に繋がることで最終的には市民がそのツケを負うことになります。 社会の範たるべき地方自治体がワーキングプア量産装置となるような事態や、あるいは歳出削減のために市民の利益を損なうようなことがあってはなりません。
 従業員処遇をないがしろにした不当なダンピングによって公契約の受注を図ろうとする悪質な業者を排除し、地元(市内・域内)の優良な企業と労働者処遇、そして何よりも市民が良質な公共サービスを享受する権利を守るためには、「新しい公共」概念と「公契約規範」とは不可分の関係になくてはなりません。

 わきたの地元・多摩市が、首都東京においてその魁(さきがけ)となり、のみならずその成立過程にわきた自身が深く関われたことを、大きな誇りに思います。

| http://blog.wakita.cc/index.php?e=69 |
| 日々の出来事 | 08:23 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑